Top > 有酸素運動(エアロビクス)と体脂肪

有酸素運動(エアロビクス)と体脂肪


TVを見ながらエクササイズ!自宅で全身引き締め!★約17%OFF★【ローイングマシーン】筋トレ+...

 

人体の運動は筋肉が収縮する事で成り立っています。筋肉が収縮するエネルギー源にATP(ATP=アデノシン3リン酸)が使用されます。

有酸素運動の初期は筋肉及び血液中のATPを使用しています。そうすると、筋肉及び血液中のATPが枯渇します。

肝臓にはグリコースが60グラム程度、貯蔵されています。肝臓の代謝機能でグリコース1分子から31分子のATPに分解し、血管に輸送します。
有酸素運動開始から20分位から肝臓は体脂肪をグリコースに変換し、継続した運動が可能な状態を維持します。

定期的に有酸素運動を行う人は、体脂肪が減少し、筋力が強化されます。体脂肪が減り筋肉質に変化した体は基礎代謝量が増加し、睡眠中の熱量の消費量も増加するようです。
有酸素運動による効果は肥満体質、高脂血症などの生活習慣病の改善に大幅に寄与しています。

 

 低インシュリンダイエット  ニート  中古バイク高価買取
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
有酸素運動とは(2009年9月20日)
有酸素運動(エアロビクス)の歴史(2009年9月20日)
有酸素運動とはどんなものなのでしょうか?(2009年9月20日)
有酸素運動(エアロビクス)と体脂肪(2009年9月20日)
お勧めな有酸素運動(エアロビクス)は?(2009年9月20日)