Top > 有酸素運動とは

有酸素運動とは

有酸素運動は、生理学、スポーツ医学、健康増進等の領域で、主に酸素を消費する方法で筋収縮のエネルギーを発生させる運動のことを言います。

「十分に長い時間をかけて心肺機能を刺激し、身体内部に有益な効果をもたらすことのできる運動」とも定義されます。「好気的な」運動とも呼ばれています。 有酸素運動では体内のグリコーゲンなどの糖質や脂肪が酸素とともに消費されます。

これに対して無酸素運動は、酸素を消費しない方法で筋収縮のエネルギーを発生させる運動を言います。あらゆる運動の初期、または短距離走など激しい運動が短時間のみ行われる場合がこれに当たります。なおこれはエネルギー効率が非常に悪いのです。

有酸素運動は全身持久力向上に役立つだけでなく、中等度の強さにとどめておくと、体内の糖代謝、脂肪代謝を改善するので生活習慣病の予防、治療に役立ちます。
よく聞きますエアロビクスダンス(Aerobics Dance)も有酸素運動の一つです。

一般的には、「身体にある程度以上の負荷をかけながら、ある程度長い間継続して行う運動」はすべて有酸素運動とみなす事ができるでしょう。
例えば長距離走は有酸素運動ですが、短距離走は無酸素運動です。

 

 禁煙にチャレンジ  あがり症の症状  口臭の予防
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
有酸素運動とは(2009年9月20日)
有酸素運動(エアロビクス)の歴史(2009年9月20日)
有酸素運動とはどんなものなのでしょうか?(2009年9月20日)
有酸素運動(エアロビクス)と体脂肪(2009年9月20日)
お勧めな有酸素運動(エアロビクス)は?(2009年9月20日)